君の肝臓を食べたい。


障害児を育てるママのためのサロン
rahat reflexology room(ラハト リフレクソロジールーム)
いしだみきです。

今日のタイトル
レバー食べたいわけじゃないですよ?笑

この夏中高生に人気だった映画
君の膵臓を食べたい」にかけてみました☆

そう、
今日の主役はわが家の息子くんです。
よかったらおつきあいくださいね。

8月のはじめに、
1つの記事をアメブロにアップしました。
グレーっ子の受験トラブル@やっちまった編
夏休みに入って
受験生なのに、塾にもいかず
自分でやるといった勉強もまったくやらず。。。
そんな息子くんは中学3年生。
高校は専門性の高いところがいいかな?と思っていたので
好きなことに集中するところから
伸ばせるところを見つけていきたいと思って
日々の生活を過ごしてきました。

ところが、本人が希望した学校はなんと普通校。

それならちゃんと勉強しないとまずーい!
わたしだけが(笑)ものすごく焦っていました。

アメブロを読んでいただけると分かるのですが
いろいろとやらかしてしまった母。
やはり息子くんを追い詰めてしまっていたようです。
あんなに柔らかった足裏が
がっさがさに。
そうこうしていたら
階段から落ちる夢見た!と
びくっととびおきる日が続いたり
肝臓の反射区がパンパンになってしまったり。
将来への不安が
一気に体に出てしまいました。

いえ、
体がちゃんと心の声を
体の外へ出してくれていたのですね。

肝臓は「怒りの感情」をあらわしてくれる臓器です。

息子くんは
「やるって言っているのに
どうして信じてくれないのか。」

こんな気持ちを
勉強のこと、高校のことを
わたしがチクチク話すたびに
お腹の中にぐっとため込んでいたのだと思います。

それを 息子くんの体が外へ出してくれて
わたしはリフレクソロジーで受け取りました。

 足裏を通じて、からだと会話するってこういうこと。

息子くんから受け取った気持ちを
リフレクソロジーで浄化していく。

肝臓は
体内に入った有害物質を解毒するお仕事もしてくれています。

そして、
胃や腸から吸収した栄養素を
からだの各器官が使いやすような形へ変える役割も持っています。

黙っているけど、とっても働き者。

そんな肝臓(息子くん)の良いところを
上手にリフレで支えてあげて
これからまたぶつかるであろう大きな壁を
乗り越える力にしてもらえたらいいなと思います。

自分の人生は、自分で切り開く。
自分の責任で選んで、生きていける子になってほしい。

そんな願いを込めて、
今夜もおやこつながリフレで気持ちをつなげます^^

最後までおつきあいありがとうございました。

足裏から親子の心を紡ぐ
石田三貴

 


ココロのとびらが開くリフレクソロジー
rahat reflexology room
~ラハト リフレクソロジールーム~
sei東京都日野市(中央線 豊田駅より徒歩20分 もちろん送迎有)
sei営業時間
月火水・金 10:00~13:00 (最終受付 10:30)
木     10:00~15:00 (最終受付 13:30)
土・日・祝 10:00~18:00 (最終受付 15:30)
seiご予約
電話 080-1046-0422
* 施術中は電話に出られませんので 留守番電話へメッセージをお願いいたします。 営業時間内に、当サロンよりご連絡させていただきます。
* お話しベタな方はご予約フォームからどうぞ
(画像をクリックしてね♪)
admin-ajax* ご連絡後2日たっても返信がない場合は、再度下記 電話番号 または お問い合わせフォーム へお問い合わせくださいませ。
seiお問い合わせ
電話 080-1046-0422
メール rahatmikiishida@gmail.com
rahatお問い合わせフォーム
メニュー&料金  * ご予約状況&ご予約  * ご来店の流れ
seiアメブロ公開中

関連記事

Comment





Comment