今日はぼくだけのママになって!!!


こんばんは。

ココロのとびらが開くリフレクソロジー

rahat reflexology room(ラハトリフレクソロジールーム)の石田三貴です。

rahat(ラハト)石田三貴

「今日はぼくだけのママになって!!!」

この言葉は

息子くんが1年生の時

ワタシに絞り出すような声で言った言葉です。

当時

娘が生まれて1年

リハビリを必死でやって

娘のために…といろいろなことを調べてやっていました。

そのひとつがリフレクソロジーだったりするのですが…^^

息子くんは小学校1年生になり

念願のお兄ちゃんにもなり

とってもしっかりして

すごく「お兄さん」になったように感じていました。

その分

ワタシの目はますます娘中心になっていたのでしょうね。。。

39a0f05c28d89c80a5f6e828561a3eb2_m

とっても気をつけていたつもりだったのです。

何をとっても息子くんを優先にしようって。

しかも息子くんのクラスは

入学後ドタバタしてしまったクラスで

クラス委員をしていたワタシは

学校へ行って先生と話をしたり

自宅で先生からの電話をとったり

クラスに読み聞かせに行ったり

息子くんのことを考えていないときのほうがなかったんじゃないだろうか…

今考えても そんな意識を持っていたつもりだったけど

息子くんから飛び出してきた言葉は

「さみしい」を伝えてくれた言葉。

その言葉を発してくれなかったら

その気持ちにも気づいてあげられませんでした。

securedownload (2)

今では 足のサイズ28cmととっても大きな足になったけれど

その成長過程をずっと足を通してみてきました。

プロフィールでも書いているけど

寝る前に少しだけ

息子くんだけの時間をとる。

これの時間をお互いが楽しみにして

どんなに忙しくても

その時間だけはお互い向き合ってみる。

そんなふうに「息子だけ」の時間を作っていきました。

中学生の今でも

足を触らせてくれます。

何かあったときの変化にも

何も言わなくても気づいてあげることができます。

もちろん、すべてを見通せるわけではないけれど

ひとつのきっかけにして

子どもと向き合うことができます。

それを子どもも感じてくれます。

「安心」としてとらえてもくれます。

もし今

障がいのある子にばかり気持ちが向いている。。。

そんなママさんがいらしたら

ぜひ遊びに来てくださいね。

kyoudai3

ママをひとりじめしちゃお♬
きょうだいサポート☆おやこつながリフレ
~障がいのあるコをご兄弟にもつお友達とママさんへ~

第1回目 2016年6月26日(日)
第2回目 2016年7月10日(日)

●13:45~14:45 未就学児対象
(開場 13:30)
●15:15~16:15 小学生以上対象
(開場 15:00)

場所:多摩平の森ふれあい館2F
男女平等推進センター ふらっと
集会室1

東京都日野市多摩平2-9

JR中央線 豊田駅 北口より徒歩5分

参加費:ママとお子さまおひとり 2,000円

☆障がいをもつご兄弟の保育

お子さまおひとりにつき プラス500円

♫看護師が待機・保育にあたります。

▼お申し込みはこちらよりお願いします▼

第1回目
http://www.reservestock.jp/events/126667

kyoudai1

第2回目
http://www.reservestock.jp/events/126761

きょうだいサポート おやこリフレ

みなさまと楽しい時間が過ごせますように。

ココロのとびらが開くリフレクソロジー
rahat reflexology room
~ラハト リフレクソロジールーム~
sei東京都日野市(中央線 豊田駅より徒歩20分 もちろん送迎有)

sei営業時間
月・水・金 10:00~13:00 (最終受付 10:30)
 火・木  10:00~15:00 (最終受付 13:30)
土・日・祝 10:00~18:00 (最終受付 15:30)

seiご予約
電話 080-1046-0422
* 施術中は電話に出られませんので 留守番電話へメッセージをお願いいたします。 営業時間内に、当サロンよりご連絡させていただきます。
* お話しベタな方はご予約フォームからどうぞ
(画像をクリックしてね♪)
admin-ajax
* ご連絡後2日たっても返信がない場合は、再度下記 電話番号 または お問い合わせフォーム へお問い合わせくださいませ。

seiお問い合わせ

電話 080-1046-0422
メール rahatお問い合わせフォーム

メニュー&料金  * ご予約状況&ご予約  * ご来店の流れ

2016-06-20 | Posted in リフレクソロジーNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment