足と靴の関係


おはようございます!

ココロのとびらが開くリフレアドバイザー、rahat(ラハト)の石田三貴です。

DSC_2872

今朝は久しぶりの青空♪ アジサイさんも嬉しそうに青空を眺めているみたいです。

ワールドカップがついに開幕!の今日。

先日購入した息子の靴がワールドカップモードだった(紐のデザインカラーをワールドカップ出場国のカラーで結べる♪というキャンペーン?みたいのをしてました^^)ので、靴のお話をしようかな^^と思います。

久しぶりにじっくり触った息子の足。指がちょっと硬くなっていました。

「あれ?お兄ちゃん靴きつい??」そんな話をしたら、やっぱり「足が靴にあたって少し痛い」という返事が返ってきました。

早速チェックしてみると、これ、きついなんてものじゃないんじゃ。。。とこんなになるまで気づかなかった自分にびっくりしてしまいました。

でね、靴屋さんに靴を買いに行ったんです。

サイズを測ったら、なんと27cm!

今まではいていた靴は、25.5cmと26cm…あっちゃー×あたるわけだわー。

この靴を購入したのはお正月くらいと、4月。 まーあっという間に大きくなってくれますねー。成長期をなめてかかったら大変です。

足はカラダのバランスを整えるのに、すごく大切な場所です。

そして、靴は、その足を守ってくれる大切なもの。

足に合わない靴は、それをはき続けるだけで、足のトラブルだけでなく、さまざまなカラダのトラブルも引き起こしていきます。

DSC_2873

成長期のお子さまをお持ちのママさん、面倒がらずに3ヶ月に1度くらいはお子さまの足と靴のサイズを確認してみてくださいね。

運動会が終わったら…とか、夏が過ぎたら…とかいっているうちに、お子さまの足はすくすく成長していますよー!

 

 

rahat reflexology room(ラハトリフレクソロジールーム)では、さとう式リンパケア、MRT(筋肉をゆるめる)施術のモニターさんを大募集!

足のトラブルが気になる方はぜひお声かけくださいね。

ご連絡はこちらから^^

http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/5034

 

関連記事

Comment





Comment